「シマとは」

奄美では集落のことをシマと言います

シマ唄(集落の唄)シマ口(集落の言葉)など色々なところで「シマ」という言葉を使います

奄美では、シマの人々が集まると
「シマどこ?」(生まれはどちらですか?)とか
「ハゲ~、シマはイイヤー」(やっぱりシマはいいね~)
という言葉もよく使われます

「シマ」という言葉は「生まれた場所」と「ゆったりできる場所」の両方を意味するのかもしれません

「旅とは」

日常生活から離れ異文化を感じ、美味しいものを食べ旅先の人と遊び、時間を気にせずゆったりとした心を思い出す事だと私は考えています

あまみ屋では「1日・1組・1おさんぽ」を基本とし

お客様にのんびりしてもらう

「おもてなし」を目指して開業いたしました

あなたのシマを探してみませんか?

あまみ屋のおさんぽでシマを楽しんでいる様子は「ひろぞうの日記」をご覧下さい!

今月の 新月25日 満月11日

ひろぞうの日記

給付金

本日は曇りそして小雨。 今日は一日中「給付金」の段取り。 国の特別定...

光るキノコ

本日は雨のち曇り。 お昼からは光るキノコの下見に行って来ました。 バ...

梅雨を彩る

本日も晴れ。 今日も一日のんびりと・・・ 奄美大島では、梅雨時期を彩...